【激痛】軟性線維腫を自分で糸で取れるの?

軟性線維腫 アクロコルドン

 

 

軟性線維腫は糸を使って除去できる?

首などにできてしまった軟性線維腫は清潔な細い糸で軟性線維腫の根元をきつく縛り、血流を止めて置けば、数日後には軟性線維腫が硬く黒くなり、ポロリと自然に落ちます。
糸を使って除去できるのは肌の表面から飛び出した軟性線維腫に限られますが、完全に取り除くまでには3~7日程度の日数がかかります。

 

軟性線維腫は糸で取り除くことの危険性

軟性線維腫を糸で取り除く場合は、最初にかなりきつめに糸で縛らなくてはいけないので、強い痛みがあります。
痛いからといって緩めに縛るといつまでも軟性線維腫が取れずに炎症をおこしてしまいますし、無理やりにひきちぎると周りの皮膚を巻き込んで痛みや出血が長引きますので、自然に脱落するのを待ちましょう。

 

軟性線維腫は糸で取らずに病院を受診して!

軟性線維腫は良性のものが多いとはいえ、自分にできたものが良性かどうかはわかりませんし、素人の処理では衛生面で安全ではなく、傷痕が残るリスクもあります。
軟性線維腫の種類によっては素人が糸で除去したことで大きなトラブルをもたらすこともありますので、無理して糸で除去するのではなく、病院を受診して安全に軟性線維腫を処理することをおすすめします。

 

≫軟性線維腫(アクロコルドン)の自宅治療と予防方法はコチラ≪