【危険?】軟性線維腫(アクロコルドン)にイボコロリって効果ある?

軟性線維腫 イボコロリ

 

 

軟性線維腫(アクロコルドン)にイボコロリは使っちゃダメ!

 

首などを中心にできるイボ状の軟性線維腫を、自宅で何とかしようと考える人も多いですね。
ですが、イボをとる市販薬として一般的な、液体タイプの「イボコロリ」を軟性線維腫やアクロコルドンに使ってはいけません。
イボコロリは硬いイボや、表面がザラザラとしているイボを取り除く効果がありますが、軟性線維腫のように柔らかい、加齢とともにできるイボには効果が期待できないのです。

 

軟性線維腫(アクロコルドン)にイボコロリを使う危険性

 

イボコロリはサリチル酸を主成分とする角質剥離剤ですが、取り扱い説明書にも記載されているとおり、首などの柔らかい皮膚には刺激が強すぎるので使用が禁じられています。
イボコロリを使っても軟性線維腫(アクロコルドン)が除去できないだけでなく、ひどい痛みや、周りの皮膚が色素沈着を起こしてしまう危険性がありますので、安易な自己判断はしないよう心掛けましょう。

 

イボコロリ以外に軟性線維腫(アクロコルドン)を除去する方法

 

軟性線維腫は自宅での治療が難しいので、一番の解決方法は皮膚科を受診することです。
ですが、まだ小さい状態のイボ「アクロコルドン」でしたら、自宅での治療は可能です。自宅での治療の場合、

  • ヨクイニン配合の美容クリームを使う

ことでセルフケアでも改善できますので、ヨクイニン配合の美容クリームでケアすることでイボを治療することで効果が期待できます。
イボが成長して大きくなった軟性線維腫は、確率は低いものの悪性のものもありますので、軟性線維腫のイボの場合は、きちんと検査を受けて安全に除去することをおすすめします。

 

 

≫軟性線維腫(アクロコルドン)の自宅治療と予防方法はコチラ≪